ネット競馬時代で勝つ為の馬券購入術

Read Article

2日目売却率、昨年を下回る67.8%

【PR】競馬予想X
満足度総合点:98点 副収入・投資向き 初心者向き
JRAの膨大な過去のレースデータの中から、オッズとレース結果の相関性の検証・解析を繰り返し、独自の予想システムを開発することに成功しました。刻一刻と常に変化するオッズ分布からリアルタイムでレース傾向を予測しレースを絞り込むことで高的中率・高回収率を実現しております。

第12回セレクトセールの2日目が14日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。
2日目は174頭が上場され(欠場馬6頭を除く)、118頭が落札(主取り56頭)。売却率67.8%で昨年の75.2%を大きく下回った。落札総額の30億7370万円も、前年より13億9780万円から大幅に落ち込んだ。昨年は2億2000万円のディープの初年度産駒を筆頭に1億円超が5頭出たのに対し、今年は1億6500万円を最高に3頭。日本競走馬協会副会長の吉田照哉氏は「(初日の)1歳がよく売れたので仕方ないでしょう。皆さん頭を冷やして現実を見たということじゃないでしょうか」と振り返った。!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)