ネット競馬時代で勝つ為の馬券購入術

Read Article

島川氏、ディープ産駒に1億1500万円

【PR】競馬予想X
満足度総合点:98点 副収入・投資向き 初心者向き
JRAの膨大な過去のレースデータの中から、オッズとレース結果の相関性の検証・解析を繰り返し、独自の予想システムを開発することに成功しました。刻一刻と常に変化するオッズ分布からリアルタイムでレース傾向を予測しレースを絞り込むことで高的中率・高回収率を実現しております。

日本最大の競走馬セリ市、第12回セレクトセールが13日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで開幕。初日の1歳セールでは、マイケイティーズの2008が最高額の1億4500万円で取り引きされた。昨年の最高額2億4500万円には及ばなかったが、1億円以上が3頭出て、売却率、総売り上げともに昨年よりアップ。不景気が叫ばれる中、好調の内容だった。2日目からは当歳馬のセールが行われる。

ディープインパクト産駒で最高落札価格となったのはロッタレースの08(ノーザンファーム生産、牡、青毛)。この日2位の1億1500万円で“トーセン”の冠名で知られる島川隆哉氏が落札した。5000万円のスタートから200万ずつ8400万円まで上がったところで、島川氏が「1億」のひと声。その執念で、最終的に競り落とした。

「(一気に値を上げるのは)私のやり方ですから」という島川氏は「これだけは買おうと思っていたので。満足です」と笑顔を見せた。半姉フサイチパンドラ(父サンデーサイレンス)は06年エリザベス女王杯優勝馬で、母系も筋が通っている。

また、ダートGI7勝カネヒキリの全弟となるライフアウトゼアの08(ノーザンファーム生産、牡、栗毛、父フジキセキ)を7600万円で落札。「馬格がありますね。予想より少し安かった」と話していた。(下村静史)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)