ネット競馬時代で勝つ為の馬券購入術

Read Article

日本産馬がシンガポールダービー制覇!

【PR】競馬予想X
満足度総合点:98点 副収入・投資向き 初心者向き
JRAの膨大な過去のレースデータの中から、オッズとレース結果の相関性の検証・解析を繰り返し、独自の予想システムを開発することに成功しました。刻一刻と常に変化するオッズ分布からリアルタイムでレース傾向を予測しレースを絞り込むことで高的中率・高回収率を実現しております。

シンガポールダービー(シンガポールGI、4歳、芝2000メートル、16頭立て、総賞金100万シンガポールドル=約6300万円)が12日、同国のクランジ競馬場で行われ、元ホッカイドウ競馬の高岡秀行調教師が管理する1番人気馬ジョリーズシンジュ(牝4)が逃げ切って5馬身差の圧勝。2分00秒20(良)。GI2勝目を挙げ、2走前のパトロンズボウル、前走のシンガポールダービートライアルに続き、同国の4歳3冠を全勝。ボーナスの15万シンガポールドル(約950万円)も獲得した。

同馬は父ジョリーズヘイロー、母インディアリングクオリティ、母の父ダンジグで、北海道・浦河の丸幸小林牧場の生産。06年10月の日高軽種馬農協オータムセールで315万円(税込み)で落札された後、シンガポールでデビュー。現在4連勝中で、通算19戦9勝。高岡師は、これが同国GI3勝目。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)